×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

騎士/魔女/王女/聖職者/冒険家/盗賊/ 騎士 特徴:身体能力が優れている。(ギフト)   :プライドが高い。          :融通が利かない。          :名声を気にする         弱点:自身の信念に反する行いをすると力は失われる。 ---------------------------------------------------- 騎士は皆一様の鎧を着ており、人物の特定が困難。 通常盾に彫られた紋章や、旗、名前により、判断されている。 主な紋章:熊、紅竜、狐、雄牛、星、猪、髑髏、十字、 例外:自由騎士(盾の紋章以外での主張を赦されたもの) 叙任の儀式により、一部の騎士は超常的な力(ギフト)を得ることがある。 そういう者達は『神に愛されたもの』として賞賛され、 優れた身体井能力を得る、また老化が起こりにくい体質になる。 トリスタン・ランスロット・ガウェイン等3名は 一国の王ですら頭の上がらない、 富と名声と力を勝ち得た、ギフト所有者である。 騎士は、民草からの憧れの的である。 自由騎士とはそんな騎士から選ばれた一握りの者のみ がなることができる、いうなれば超エリート。 しかし、通常の騎士の装備を纏えない為、 知名度のない自由騎士は、大道芸人やコスプレイヤーと 間違えられる場合もある。 魔女 特徴:遠距離攻撃方法がある。              :魔法使用中、使用後は強い性的興奮を覚える。    :基本、処女(童貞)である必要がある。       :魔女は魔力の持たぬものを見下す傾向にある。  弱点:魔力使用中、後は多感症になり、触られると弱い。 ---------------------------------------------------- 一神教を唱える宗教が台頭しだし、古の神々を崇拝する、 魔導全盛期は時代の流れとともに、終わりを告げようとしていた。 島の創造に携わった伝説の魔導師マーリンはその姿をくらまし、 魔女は、めったに人前に其の姿を現さず、 日々、自分の研究施設にこもるようになった。 しかし未だ人々の魔女に対する畏怖や畏敬の念は強い。 特に擬似ブリテン島の人々は、彼女らに特別な思いがあるようだ。 ちなみに、魔力は基本女性の体に宿るもので、 男性で確認されているのは、 伝説の魔導師マーリンと、魔術見習いのジェラルドのみである。 魔女の最高峰としては三賢者 ニムエ、マーリン・アンブロジウス、ダム・ド・ラック があげられるが現在最も活躍している魔女は、 湖の貴婦人ダム・ド・ラック(Dame de Lac)である。 一般に知られていないが、 世間を騒がせるダム・ド・ラック(Dame de Lac)とは、 一つの称号であり、魔女王モルガン(Morgan le fay)に、 魔女の国アヴァロンの代表として、指名された人物が名乗る。 魔女の国にすまう者にとってこの名を名乗れることは もっとも名誉あることであるとされる。 基本はヴィヴィアン、まれにモルガン自身が名乗り、事件に赴く場合がある。 なおその時纏う服装は白装束。 聖職者 最大勢力を誇る宗教。 十字軍という独自の武装組織を持つ。 穏健派と過激派の二つに分かれている。 島では穏健派が多いが、 大陸では、五分か、もしくは過激派の方が強い。 穏健派(ケルト系キリスト教) 隣人愛を解く。平和を愛する。 改宗者を喜びとともに迎える。 天使……変身スーツ着用により奇跡をおこせる。神罰の地上代行者。     (ぶっちゃけ魔法少女…先天的な魔女より力はだいぶ劣る。)     教会のイメージ戦略的なナニカ。      過激派(純キリスト教、大陸系キリスト教) 強制的に、異端を弾圧する。 過激派の活動には信者への鞭打ち、テロ行為、魔女裁判等 狂気に満ちた危ういものも存在する。 代行者…番号でよばれる。殺戮者。 我らが使命は我が神に逆らう愚者をその肉の最後の一片までも絶滅すること…的なナニカ 冒険家 特徴:一風変わった武具を扱う者が多い。    主に未開地域での活躍が目立つ   ---------------------------------------------------- <ログリスにおける冒険家> 騎士になり損ねた者達や、行き場の無い者達の温床にもなっている。 名誉ある試練や人助けになる探求を冒険とする騎士と異なり、 基本、己のため冒険を行なう。 彼らは、地形把握や、地下迷宮、遺跡探求を冒険とする。 金や宝を第一義的目的とする者達が大多数をしめる。 モグラ(日の当たらぬ所、世の関心とは別の所で仕事をしている為) と蔑まれる事もある。 <未開地域における冒険家> 騎士、魔女のいない一部の国では、重用され、様々な依頼を請け負う。 盗賊 シーウルフ、ロビンフッドは 独自の法で支配する一大国家を打ち立てる。 自由の国と称し、 血筋が重要視されない、ログリス全土において唯一つの国。 小作人、奴隷や、ならずものが多く集まる。 アイアンブリッジ渓谷付近に存在し、 橋を通るものから通行税をとる。 橋を通らずにわたろうとすると弓で射られる。 国の主な収入源は、鉄の採掘、精製。と橋の通行税。 国王、ロビンフッドは、 まれにロビン卿を名乗り、騎士と行動を共にする事があるが、 自由を愛する彼は、相容れないものがあり、基本、騎士を嫌っている。 同様に貴族、教会人もきらう。 、 ロビンフッド 島を荒らす、三大勢力の一つとして数えられている。 だが、他の勢力と違い領土を広げようという野心はないらしい。 吟遊詩人 彼らの役割は大きい。彼らは、騎士達の冒険や試練を物語にしてつむぎだす。 大きな事件には必ず彼らが同行する。 詩人連れの騎士や冒険家は、かなりの地位の人かはたまた、 大きな事件を前にしているかである。